学校案内デザインに盛り込むべきこと


学校案内はその学校の紹介をすることによって多くの人に認知してもらうという側面と、受験生やその保護者に見てもらうことによってより多くの志望者を募るという側面とがあります。学校として実績を上げていき、人気を高めていくために重要になるのは後者であり、必然的に受験生やその保護者が興味をもつであろう内容が学校案内デザインをする上で盛り込むべきことになります。
受験生がその学校を受けたいと思うかどうかは進路に関する実績が1つの大きなファクターであり、外せないないようです。これは保護者もとても興味があることであり、セールスポイントがあるならばうまくデザインしてその印象が強まるように学校案内デザインを考えなければなりません。進学実績がよいとか就職先として有名な企業があるといった情報は誰もが欲しがる内容だからです。
続いて必要になるのが視覚的にインパクトのあるものが学校案内デザインに盛り込むべきことになります。写真が最も効果的なものであり、受験生がその印象で強烈な印象を受ければ受験したいと思うようになればよいからです。校舎やグランドの美しい写真や部活動をしている活発な姿を表紙や裏表紙として印象づけることができれば、ここで数年間を過ごしたいと考えるようになる可能性が高まります。また、高校の場合には制服がポイントとなる場合もあるので、それを大きく取り上げることも効果的でしょう。こういった受験生にとって魅力となるものをデザインとして盛り込むのがよいのです。

About the Author

admin

View Posts →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)