学校案内デザインはココに注意


学校案内デザインを考える上では何を情報として盛り込むかということも大切ではあるものの、それを読む対象となっている人たちに効果的に伝えるということがさらに重要になります。学校案内デザインをする上ではココに注意が必要です。 学校案内は主には学校を志望する生徒達とその保護者に向けているものであり、そういう人たちに対してどういう学校案内デザインであれば好印象を持ってもらうことができ、伝えたいメッセージを伝えることができるかということを第一に考えることがポイントになります。それぞれのニーズに応えるデザインが必要になるということにも留意しなければなりません。 概して考えると、生徒は印象によって動かされやすく、両親は実を取る傾向があります。美しい校舎や制服の写真をちりばめていくような学校案内デザインをすると生徒の目をよくひくデザインにすることができます。また、課外活動にも興味をもつ生徒が多いことから、部活動等を行っている楽しそうな生徒の写真を交えて紹介することが重要です。 一方、学歴の観点から保護者は卒業生の進路や進学実績、学業の活動における対外的な成績というものを重視します。利保護者は理性的に読むことが多いので印象を大事にするよりも情報を過不足なく見やすい表等にまとめるのが効果的でしょう。 最後に、ココに注意というポイントとして、言葉少なにして情報を伝えるという姿勢が大切です。気軽に読めて理解できるということが大切であり、長い文章は読み手である生徒や保護者を疲れさせてしまい、それが原因で興味を失ってしまう可能性があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)