学校案内デザインの基本


学校案内デザインを作り上げる時は、学校案内に掲載する学校の特徴を上手に表現する事が望ましいとされます。 これから入学を希望する学生に対し、学校生活がどのように行われていくのか、キャンパスにはどのような設備が有り、学生同士の交流がどのように行われているのか、クラブ活動にはどのようなものがあり、3年間と言う学校生活の中で何を得る事が出来るのかと言った基本的な情報を盛り込んであげたり、中には制服などをアピールすべく、学校が指定している制服はどのようなものがあるのかなど、学校案内には記載する必要が有る情報が有るわけです。 これらをどのようにまとめて1冊のパンフレットに仕上げるのかが学校案内デザインの目的であり、学校案内と言うパンフレットを見た人々が、その学校の特徴や楽しさなどを感じ取れる学校案内デザインに仕上げる事が重要なのです。 また、学校には幾つかのコースが用意されている事も有りますので、そのコースについての詳しい説明も必要になって来ます。 しかし、詳しい説明を考えた時、文章がだらだらと続いてしまっては読む人も面倒になってしまったり、重要な部分を見逃してしまう恐れも出てくるのです。 デザインと言うと、見てくれと言うイメージが有りますが、学校案内デザインなどの場合は、読み手が見やすい形のデザインに仕上げると言う目的があり、画期的なデザインを取り入れたとしても、読みやすい物でなければ意味が無いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)